ひょうすけのさけび
日々の商売や青年部活動を中心に、見るまま、感じるままにつづる我が軌跡!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    妙見山長応寺 お会式法要の開催
    0

      先日、菩提寺である妙見山長応寺にて「お会式法要」が開催されました。

      長応寺山頂からの眺め

      お会式とは、宗祖である日蓮聖人がお亡くなりになられた日(ご入滅の忌日)に営む法要であり、「報恩講」「恩命講」「御命講」ともいいます。

      数十万人の参拝者が訪れる祭りとして、特に東京都大田区の池上本門寺(日蓮上人ご入滅の地)が知られています。起源は定かではないですが、浮世絵師の歌川広重(二代)の作品『江戸自慢三十六興』、『江戸名勝図会』で描かれていることから、江戸時代
      末期までには始まっていたと考えられる大きな祭事です。

      池上本門寺の盛大さは別格として、全国各地の宗門寺において、年に一度この時期に行われる大事な法要なのです。

      日蓮宗長応寺お会式の開催

      曇り空で怪しい空模様でしたが、雨がふることなく無事に法要を執り行うことができました。

      宗祖あっての宗門、先祖あっての家系、今ここに自分があるのは、まさにそんな先人方の積み上げてこられた徳のおかげに他なりません。

      そんな感謝を手を合わせ、美しいお経を唱えることで、しっかりとお伝えしましょう。
      それを喜ばない先祖様は一人としていませんよ。

      住職より、そのような心に残る説法をいただき、本年もこうして法要が営めたことを素直に喜びました。

      今年も残すところあと2か月。今をこうして元気に過ごせることを改めて感謝をし、一日一日を無駄にすることなく刻んでいきたいと思います。

      合掌。


      お会式の開催




      おおい町男女共同参画推進会議の開催
      0

        上記タイトルの会議が開催され出席をしました。

        「男女共同参画社会」とは・・・
        〜男女が互いにその人権を尊重しつつ責任を分かち合い、性別に関係なく、その個性と能力を発揮することができる社会〜

        おおい町男女共同参画プラン

        「男女同権」 「法の下の平等」

        この理念の中、色々な法整備の元で共同参画の実現は最重要課題として進められています。

        昨年度に委嘱を受けこの会議に参加したのは、そもそもこの"男女共同参画"なるものの意味や目的がピンとこなかったことが大きいです。
        どこか、日本人の良き風習であったり風土になじまないのではないか、生活様式すべてが欧米化路線になっているのではないか、そんな疑問があったからです。

        確かに、未だに「男は仕事、女は家庭」という固定的な性別による役割分担意識は年齢が高くなるにつれて顕著で、地域における役職等にも同様に見受けられます。

        今待ったなしの少子高齢化社会が到来し、生産年齢人口が減っていく中での女性の労働力とさらなる社会進出と活躍は必須であるとは思います。単なるポーズとしての参加ではなく、参画を進めていく必要性も強く感じます。

        これからの地域社会を、男女が共に築いていくこと、共に活躍していくこと、主役と脇役的な立ち位置ではないこと、むしろ、そうせざるおえない超高齢化社会等の環境にあると思います。


        ただ、個人的な私見としては、何でもかんでもいっしょにというのには違和感を感じます。まず、男と女は違うもの、その特性・役割も違って当然です。例えば、子供を産む、母性を司るは女性だけに与えられる力であり、育児等で真似事はできても、根本的な所は絶対的に男とは違います。育児家事は女性がといっているわけではないのです。が、この根本的な「男らしさ」や「女らしさ」をはき違えるような、共同参画のフレーズで簡単にすりかえるようなことだけは避けなければならないと感じています。
        男性が"草食系〜"といったおかしなくくり方をされないよう、お互いの「らしさ」をより追求することも、今求められていることのような気がします。

        男は男らしく、女は女らしく、共に共同・共働し、これからの受難多き時代に立ち向かっていかなくてはなりません。

        待ったなしですね。


        ☆10/30付福井新聞の論説に本県における共同参画の現状等の記事が記載。
        http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/editorial/31265.html

        100万で15万もトクする商品券が発売〜!?!
        0

          地元おおい町で使えるプレミアム付きのお得な商品券「おおい町プレミアム商品券」が、本日より地元商工会にて販売が開始されました。
               _____________________
                
          商工会の説明ページはコチラをクリック
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

          おおい町プレミアム商品券の発売

          そのプレミアム率、な、なんと!  15%〜!

          この厳しいご時世、15%のプレミアはまさに大放出!

          お一人様3万円までの購入
          が可能で、実質34,500円分の商品券が手に入るわけです。
          (ちなみに、34人以上の家族??なら、仮に100セット、100万円分の商品券購入で1,150,000円分のお買いものが!つまり150,000円もお得になります。。。強引ですが・・・ )

          来年の2月いっぱいまでの使用期限がありますから、それまでに何か購入予定のある方はゼッタイにこの商品券を買っておくべきでしょう。

          商品券を使用できる町内店舗も、小売り業だけでなく、飲食店や設備屋さんとかもあるので、その用途もグッとひろがるはずです。ますます買っておくべき!

          また、この発売に合わせ、町内商品券使用可能店において「ダイナマイトフェア」なるものが、同時開催〜

          ダイナマイトフェアの開催ちらし

          店舗にて500円以上のお買いものをしていただくと、そのお店のスタンプを1個押してもらえます。その店舗スタンプを違うお店で3個(3店舗)または、5個(5店舗)押してもらって抽選に応募ができ、それぞれのコースで素晴らしい商品があたるというこれまた大盤振る舞いのフェアです!

          スタンプ5個のコースでは1等がグアム旅行 か、ディズニーランドへの招待旅行!3個コースの1等は42型液晶テレビ  !! それ以下の商品もそそられます〜

           とってもお得な商品券でお買い物をして15%のお得!

           さらに、スタンプもらって、プレゼントが当たったら、お得+お得〜! 
          イウコトナシ!!


          (抽選とかクジとか、自分には縁も運もないから・・・)

           いやいやいや、 誰かが当たるんですっ!

          全国相手の宝くじなんかより、メチャクチャ確立高いんですっ !!

          けど、買わなければゼッタイにお得でもなければ、当たることもありません。


          使えるものは、使っちゃいましょ〜! なくなる前に、、急げ〜

          TAKUHATSU 〜托鉢〜
          0

            地元法盟会の托鉢があり、お寺のお上人様が数名で地区内を。
            あいにくの小雨交じりでしたが、チリチリリ〜ンという鈴の音とともに、辺りを一軒一軒回られました。

            途中の休憩ということで、我が家にお入りいただき、一休みをしていただきました。

            家を出る前に、家の仏間に向い、皆さんそろっての読経をいただきました。

            何といったらいいのか、浅学の私にはお経の意味など分かりません。しかし、聞いていると胸の内がスーッとするというか、体に染み込んでくるようで、妙な安堵感が満ちてくるのがわかります。

            その響く声が、家の柱や壁や天井にも染み入っているようにも感じ、"家"も喜んでるなあと。

            (有り難い。)

            ただ素直にそう思いました。何に・・? いやいや、なんかわからんけど有り難かったのです。。。

            例年この托鉢時にお配りになる一枚の紙に書かれたメッセージを置き、次へと向われました。

            今年の法話ミニちらし

            毎日の心掛けで大事にしたいです。

            ちなみに、何年か前にいただいた私のお気に入りを最後にペタッと。。。

            お気に入りの法話ミニちらし

            「御意。」




            秋祭り ピ〜ヒャララ〜
            0

              この季節は、いたるところで秋のお祭りが開催され、笛や太古の音が響いています。

              地元の神社の秋祭りも先日開催され、多くの小学生が参加をし、にぎにぎしく行われました。

              山車を引く小学生たち

              大人も子どもも、やっぱり祭りはみんな大好き!いつもと違う色んな音や声を聞くだけで、心が躍り、ソワソワ、ワクワクしてきます。そして、みんな笑顔になりますね〜!!

              三歳児もキレイな着物  をきて、山車とともに区内を巡航!
              祭りに花  をそえてました。

              三歳児も山車に彩りを

              昔と違って、こうした祭りを行う意味合いをしっかりと熟知して参加をしている人は少ないと思います。祭りを開く大義も、大きく変わった生活習慣や生活のスタイルの移り変わりとともに薄らいでいる気もします。
              しかし、こうして子供や大人が集まって、笛や太鼓を鳴らして、その"気"を村中に満たすことは、どんなに時代が変わってもいっしょであると思います。

              今、ここにいることへの「感謝」と、地域や人を「元気」にすること、これは時代を超える大義であります。紆余曲折はあろうとも、地域の祭りが末永く続いていくことを願います。


              巡航する山車

              町民体育大会の開催
              0

                三連休の日曜日、絶好の天候の中  町民体育大会が、おおい町総合グラウンドにて開催されました。

                おおい町民体育大会の開催

                午前中は、各区のテントへの配達があるので、商いモードにて会場をうろついておりました。

                午後に入りようやく、自分の区のテントに合流。
                終始なごやかに競技を観たり、参加をしたりと、リラックスして過ごすことができました
                皆さん、額に汗を光らせながら、無邪気に楽しめたものと思われます。

                町民体育大会の様子
                やっぱり、こうした行事があることで、地区の交流がはかれますね。なかなか気乗りがしない人も、特に若い世代ではあると思いますが、人とつながっていることを素直に楽しめばいいと思います。気楽に考えれば、こうして集まってワイワイするだけで、楽しいんです。

                本当にいい天候に恵まれた今年の体育大会でありました!


                片づけが終わった後は、わが区恒例の懇親会が、区内の料理屋さんで行われ、子供もいっしょに参加をしました。


                ここでも、なが〜く  しっぽりと  懇親が深まったのはいうまでもありませんね。

                町民体育大会の様子

                独占取材!!!
                0

                  「御社の業務内容につきまして、取材をさせていただきたいのですが?」

                  「はい、喜んで。」

                  ということで、ドキドキワクワクの取材当日となりました。

                  "よろシク おネガいしマ〜っすぅ!!"

                  まちのたんけんたい

                  元気よくやってきたのは、地元本郷小学校の2年生ボーイズ&ガールズ5名、「まちのたんけんたい」と銘打った課外授業の一環です。

                  「なぜこのお仕事をやっているのですか?」
                  「どんなときが嬉しいですか?」
                  「・・・・・」

                  曇りのないドストレートな質問を浴びせ続ける彼ら、自己診断ばりのプレッシャーに押しつぶされそうなワタクシ・・・

                  まちのたんけんたい

                  分かりやすく彼らに理解してもらえるように答えること、それはきっと多くのお客さんに伝えることに直結することと同じなわけで、おおいに勉強になりました。

                  ボーイズ&ガールズに感謝です。。。

                  まちのたんけんたい

                  「どうしてお酒をうるんですか?」

                  「そこにお酒があるからさっ!」

                  (おっちゃん酔ってるの・・・)

                  豪雨のあとで
                  0

                    昨日の集中的な豪雨は、地域に様々な爪跡を残したようで。
                    24時間で370mmという記録的な豪雨は、もちろん県内で観測史上もっとも多く、TVや各報道機関でも大きく取り上げられていました。

                    豪雨で増水した佐分利川

                    自分の住む地域にも避難勧告が出され、自主的に避難されていた住民の方もいらっしゃいました。

                    家の目の前を流れる佐分利川も、夜半からどんどん水位を上げ続け、その轟音が非常に気味悪く、夜もおちおち眠れませんでした。

                    人的な大きな被害はでなかったものの、各地で土砂崩れによる通行止めや、浸水など、多くの爪跡が残されました。
                    特に、地域の生命線である国道や幹線道路が通れなくなることは、まさに致命傷で、早急に復旧されましたが、災害時におけるインフラの脆弱さがあらわになってしまいました。

                    福島で今なお収拾のつかない原子力災害とあわせ、地域の災害への備えは今まさに手をうっていかなくてはならない課題でありましょう。

                    何もなかったかのような流れにもどった川をみながら、時にその表情を一変させる自然の力、その前に無力である人間の営みを改めて感じ入りました。

                    自然とともに自然の中で、我々は生かされているのですね。

                    豪雨で増水した佐分利川


                    恩師を囲んで
                    0

                      中学校時代、大変お世話になった恩師がいます。
                      その先生が、この3月末をもって定年退職をされたのを期に、退職記念の場を設けようと同級生で企画をしました。

                      ハンドボール中学時代、その先生には授業はもとより、主にハンドボール部の顧問として3年間、本当によくイジメられ・・いやいや、ご指導いただきました。今考えれば、その頃先生はまだ30代半ば、熱心に教えてくれてました。

                      ハンドボール部の同期13名に呼びかけ企画をし、当日は仕事上どうしてもこられない者を除き、11名の懐かしい顔が揃いました。個人的には、先生以上に久しぶりに会う同級生もいて、プチ同窓会の趣きもありましたね。

                      カタチにもこだわろうと、ちょっと気の利いた記念品  なんかも用意し、この日だけは先生をおもてなししよ〜〜!

                      ・・・と思っていたのは、結局前半だけ。。。

                      2次会と称し、そのまま全員先生の自宅になだれ込みとなりました・・・。

                      いい気分の10数人の大人がいきなり家にくるということで、奥様にも大変ご負担をおかけしてしまいました。本当に申し訳なかったです・・・。

                      とかいいながら、

                      「先生、また来るわ〜  」

                      と、さんざん飲み散らかして散会となりました。。。

                      いくつになっても、こうして恩師とそして同級生と賑やかに集えることが幸せです!
                      それに、ドロクタの生徒にいつも二つ返事で受け止めてくれる先生にも感謝感謝 !!


                      さてと、次の集まる口実を用意しなくては。。。

                      恩師を祝う会だったはずが、恩師に飲ませてもらう会へと

                      ・・・どいつとはいわんが、恩師より老けてどうするよ〜、、、
                      気のいい粒ぞろいの面々でっす。。。



                      おおいポイントカード会役員会の開催
                      0

                        おおいポイントカード会のゆめカード地元商店で構成されるポイントカード会の役員会があり出席をしました。
                        今年度の事業内容についてを、意見を出し合い協議しました。

                        昨年度試みた、招待旅行イベントが大変好評であったことを踏まえ、今年度もより内容を吟味して開催していこうということに。予算的にも当会にとって大きな事業であります。

                        満点になったポイントカードを使用してもらうことで、バラエティに富んだプランを選び旅行にいけます。昨年度は初めてということもあり、かなりの大盤振る舞いで、参加者にとっては超オトクな内容になってました。

                        今回もそんなオトク感を出し、お客さんが「行ってみたい!」と思えるようなコースをたくさん用意したいですね。もちろん、予算と相談ですけど・・・。

                        地元で沢山お買い物をしていただき、満天カードを集めてもらい、多くの方にこのイベントに参加いただけることを願っています。