ひょうすけのさけび
日々の商売や青年部活動を中心に、見るまま、感じるままにつづる我が軌跡!
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    << TAKUHATSU 〜托鉢〜 | main | 100万で15万もトクする商品券が発売〜!?! >>
    風雪に耐えるためですから
    0

      長期間の風雪をしのいでくれる建物。見た目大丈夫のようで、そこへのダメージ・疲労は徐々にその機能を奪っていくわけでして、当店にもその影響があちらこちらに顕著に露出してきました・・・

      雨がしみこんできた倉庫壁面神棚付近

      ここ最近の狂ったような暴風雨の際には、倉庫内部はこんなツートンのまだらな光景に・・・
      外見は普通・・・が、しっかりと内部にまで水が染み込んできています。

      雨がしみこんできた倉庫壁面

      目地のコーキング部分が経年劣化のため伸縮性も失われ亀裂等から染み込んできているとのこと。
      倉庫一階部分は、このようにカベがむきだしのためその変化も見て取れますが、問題は、住居スペースとして使用している二階です。内部が見えませんから・・。同様のことが確実に予想されます。

      ということで、もはやこれ以上手をこまねいていては取り返しがつかないダメージを与えかねないということで、壁面および、屋根の塗装&コーキング改修工事と相成りました。

      足場組立

      店舗倉庫が、ものものしい足場に取り囲まれていきます。

      しばらくは、車の出入りにも影響がありますが、致し方のないこと。
      お客様にも駐車スペースが狭くご迷惑をおかけしますが、しばしご無理をお願いいたします。

      足場組立店舗正面

      しかし、鉄骨の建物につきものの外壁面が、ある程度(結構経つの早いね・・)のスパンでこのように補修が必要になるとは、、、
      建物同様、こちらのフトコロにも大きなダメージが・・・
      (確かに当初より説明はあったと思うが、時間がたてばそんなことすっかりどこかに・・・ )

      構造物を守るためにはこの先も繰り返し行っていく、発生する作業であるので、今後はこれに対しての準備や備えをまさに今から初めていかなくてはと強〜く思い知らされております。

      あっ!と思った時にさあ準備、準備といっても間に合わないことになってしまう恐れが大です。

      「備えあれば、憂いなし。」

      まさにその通りでございます。

      さて、今よりまた仕事に精を出し、10年か20年か先にそなえたいと思います。



      ツミタテ・・ ツミタテ・・・

      足場組立全景

      スポンサーサイト
      0
        COMMENT









        Trackback URL
        http://hyosuke.jugem.jp/trackback/314
        TRACKBACK