ひょうすけのさけび
日々の商売や青年部活動を中心に、見るまま、感じるままにつづる我が軌跡!
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    << 商工会法施行50周年記念式典/商工会全国大会の開催 | main | おおい町商工会青年部の忘年会開催 >>
    第4回経営革新塾の開催(最終回)
    0

      経営革新塾の開催
      11月4日より開催されていた「経営革新塾」、最終の第4回が、12月2日に開催され出席をしました。
      講師の先生にとっては微妙ですが、全体的に少人数での開催が多かったため、非常にワンツーマン的な雰囲気の中で、気楽に受講することができ、講師との距離感も近く、有意義な4回の講習でありました。
      最終のこの日は、これまでの振り返りをしながら今一度今回の塾で覚えてほしいポイントを講義いただきました。
      一貫していたキーワードは着眼点をかえていこうということ。
      新たなビジネスアイデアは、今あるものに足すか(+)引くか(−)のどちらかしかないということ。
      そして、自分が提供できる商品でありサービスを「モノ」から「コト」に変えていくこと。この「コト」を抽象的な説明ではなく、しっかりと先方がイメージできるよう"数値化"できるかどうかが鍵で、具体的にし、共感してもらうことが大事であることを復習しました。

      さらに、自分のことというのは、どこか自分では見えないもので、他人のことはよく気がついたりするものです。そこで、大切なのが「他人の脳を借りていこう」という考え方。何か思いついたりしたら、お客さんとかに「こんなんどう?」と聞いてみること、その反応でYESが多ければ手ごたえ十分!といった思考パターンになります。

      自分一人で悶々と思いふけっていても、確かに最後には「けどな〜・・・」といった風にできない方向に、できない理由を見つけてお蔵入りといったアイデアがほとんどです。他人の脳、他人の目をたくさん使って、より沢山のアイデアをもらって改善する着眼点が必要なのだということを覚えました。

      4回に渡って開催された今回の「経営革新塾」でした。4回通して出席いただいた方、都合がつかず途中参加になった方、残念ながら興味はあったけど今回は全く都合がつかなかった方、それぞれの関わり方がありました。連続ものというのは、なかなか完璧にというのが難しいのも事実です。その中でも興味をもってもらったり、受けてみたいと思ってもらえれば、きっと無理をして時間を作ってでも足を運んでくれると思います。
      今回受講いただいた一人ひとりから、受けてよかったよ!というメリットを多くの人に発信していただき、次回の機会に新たな受講者が増えることを願います。

      「学ぶことは変わること」

      そう教えてもらったことを思い出しました。自分なりに今一度消化をして、自分に置き換えて、今回の受講を無駄にしないよう、活かしていきたいと思います。

      皆さん長丁場の受講、本当にお疲れ様でした。


      経営革新塾の修了証

      スポンサーサイト
      0
        COMMENT









        Trackback URL
        http://hyosuke.jugem.jp/trackback/246
        TRACKBACK