ひょうすけのさけび
日々の商売や青年部活動を中心に、見るまま、感じるままにつづる我が軌跡!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    JBVツアーおおい大会の開催
    0

      何年か前にも開催された、ビーチバレーボールの公式戦が、地元の海水浴場の砂浜を使って開催されたので、ちょっと覗きに足を運んでみました。

      JBVグランドスラムおおい大会の様子

      真っ黒に焼けた、長身の選手たちが、大きな声を出しながら懸命にプレーをしていました。

      女子選手でもスラッとデカい!ムキムキというのではなく、無駄のないデカさですね。。。
      みんな体脂肪は、絶対ひと桁でしょうな・・・。

      有料のスタンド席の試合は、チケットがないため見れませんでしたが、賑やかなMCや音楽とともに盛り上がっているようでした。

      天候にも恵まれ過ぎで、暑いいや、熱い熱戦が繰り広げられた3日間でした。

      JBVグランドスラムおおい大会の様子





      小学校の運動会
      0

        本郷小学校の運動会

        二人の娘が通う地元の小学校の運動会がありました。
        昔と違い、最近は9月に行う運動会、残暑とは思えぬ日差しが降り注いでおりました。

        本郷小学校の運動会

        そんな暑さにかまうことなく、子どもたちの大きな歓声と元気が、校庭に響きわたっていました。

        近いところにあるので、仕事の合間をぬってそんな雰囲気を味わいに。

        (きっと、子どもらは私の来るのを待っているにちがいない、
        よ〜し、お昼ご飯ぐらいはいっしょに食べてやろう。。。)
        と、お弁当をもっていくと・・・

        「〇〇ちゃんといっしょに食べてくる〜!じゃあっ。」

        と、あっという間にどこかへ消えていってしまいました・・・
        私の運動会のほのぼのとした妄想は崩れ去ったのでした。。。


        暑い中、参加の皆様本当にお疲れ様でした。

        本郷小学校の

        ※結構シビアな採点が行われているようですなぁ〜・・・

        本郷小学校の運動会


        おおい町男女共同参画会議の開催
        0

          おおい町男女共同参画会議

          昨日、上記タイトルの会議に出席をしました。
          近年頻繁に見聞きするこのコトバ。現状その理解と浸透具合はどうなのでしょうか?
          少しづつ女性の社会進出に伴い、変化してきてはいるのでしょう。

          今回は、会議に先立ちPR?啓蒙?ビデオを拝見。現在の問題点と今後の課題等をグサッと見せつけられました・・・。

          その中で出てきた耳に残ったフレーズ、「三歳児神話」と「昭和55年体制」。

          子どもが3歳ごろまでは、母親がしっかりと面倒をみなければ、大人に成長していく中で問題を起こしやすいという考え方が、昭和55年頃の社会体制の中で盛んに言われてきたというもの。

          つまり、女性は子育てに没頭し家の中の仕事を従事し、男性は外で働くという旧来からのモデル。

          しかし、時代が推移し社会を取り巻く環境も一変、女性がどんどん社会に出、仕事もしっかりとこなす時代、むしろ、女性の労働力なしには今後の社会も成り立たなくなっている状況、こうした中では、旧来良しとされたモデルでは当然女性側に限界が生じ、酷使されてしまいます。

          こんなギャップが生み出しているのが、未婚・シングル・晩婚・晩産・少産・少子の現状。


          まだまだ、我々のような地方では、この役職は男性とか、集まりの座る場所は女性が後ろの方とか、そういった考えややり方が当然のように思われています。

          この委員に入り、色々とそうした現状などを客観的に見、そして問題点や課題を考える機会をいただいた気がします。他の経験豊かな委員の方の様々な意見を聞けることもまた大いに刺激となります。

          最後に私の意見を。。。
          「三つ子の魂〜といった古き言葉もあるように、幼児期の環境は今も昔も決して変わらず重要であると思います。社会のシステムが急激に変化を遂げる昨今、男女の関わり方も当然変化していかなくてはなりません。女性だからといって扉を閉ざすことがあってはなりません。ただ、ひとつ気がかりなのは、なんでもかんでもいっしょくたというのは危険なのではと感じます。根本的に男と女は違います。それぞれにしかできることできないことがあります。そうした「性」がもつ"らしさ"はこれからもしっかりと区別をし、あやふやにしてはならないと考えます。いまや男子には、草食系やら絶食系やら、そんな情けない形容が付けられる時代、それぞれが"らしさ"を備え、その上に互いの共同・協力の結びつきがあって成り立つべきであると思います。」

          中学生の職場体験
          0

            地元の中学生が2名、職場体験にやってきた。
            毎年依頼があり、微力ながら協力させてもらっている。

            事前にあいさつ文と参加する本人の履歴書?が届けられる。
            きっと、こんな準備も社会勉強のひとつとして用意するのだと思うが、ベッタベタな時候のあいさつから入るその一文は、毎年ながらほほえましく読ませてもらえる。。。

            また、履歴書なるものには、(ここまで書くのか・・?)と思うぐらいの自己PRがびっしりと埋められている。
            "自画自賛"とはこのこと!と思わせる、過剰な自己ピーアールを読めば、こっちからお会いしたい!と思ってしまう。これまた、オモシロイ。。。

            たった二日間の体験ではあるが、ときにゆるく、ときに厳しく、ご指導をさせていただいた。

            どこまで彼らの心に届いたのか、体に焼付いたのかは皆目分からないが、これから先、必ず社会に出ていく彼らにとってほんの少しでも記憶に残っていれば嬉しい限りである。

            まだまだあどけなさが残る中学生と、こうしてふれあうことができるのは、大変私にとっても貴重であり、いい経験となっている。意外と楽しいもんなんですこれが。。。

            後日にお礼の手紙が届いてました。
            これもまたいいもので、こんなオッサンを喜ばしてくれるんです。。。
            サンクスレターとでもいうのでしょうか、大事ですよね。

            まあ、履歴書と実際のギャップも見てますから、これもそんな感じで微笑みながら読ませてもらいました。。。

            今後の彼らの大成を祈りまっす!!ガンバレ〜


            お礼の手紙



            サクラサク。
            0
              サクラがいよいよピークとなってきました。
              今週末が見ごろかと。

              まさに"日本の心!"

              いつみてもスバラシイ。

              近所のサクラ

              近所のバス亭のサクラ


              佐分利街道沿いの桜並木

              妙見山長応寺平成二十四年度節分祭
              0

                妙見山山頂からの眺め

                昨日までの大雪で、辺りの様子は一変、影響も大きいようで。

                そんな中、お寺の「節分祭」が開催されたのだが、こちらもすんなりとはいきません・・・。

                まず、山頂にあるお堂までの参道が、全て雪の中〜・・・・

                階段が雪に覆われてて見えません。まずは、歩けるようにと雪かきを行う作業から始め、開始時刻までに何とか山頂までの歩道を確保できました。

                妙見山山頂からの眺め

                いいエクササイズ?いやいや、かなりヘコタレましたね・・・。

                節分祭 お堂

                こんな天候で足もとも悪いため、お参りされる方も少なかったですが、それでも皆さんお集まりいただき、新しい新年を迎えるにあたり、ご祈祷祈願を行い、今年一年の様々な想いを胸に新たな出発を刻みました。

                節分祭 祭壇

                私も節目に長期での入院を余儀なくされるといった出来事もあり、ここに気持ち新たに手を合わせ心と体の鍛錬にとりくまなければと思いをめぐらせておりました。

                心身一新 前向きにいきましょ〜!!

                節分祭 おつとめ経本と数珠

                降り過ぎ・・・
                0

                  雪。雪。。雪。。。 

                  降り過ぎ。。。。。。。。

                  庭の雪

                  庭の雪

                  子どもの頃以来やと思う、一日でこんなに雪が降り積もったのは。

                  とにかく、大変である。なにもかも・・・

                  もうこらえて下さい。

                  庭の雪

                  大雪 玄関前

                  雪の影響
                  0

                    病院からの雪景色

                    昨日のまとまった雪で、ここ近辺でも交通機関で事故や渋滞が各所で起こったようである。

                    聞くところによると、事故を誘発した車はノーマルタイヤであったとのこと・・・。

                    この時期、我々の感覚ではありえないが、やはり普段必要性の少ない他府県からのドライバーにとっては、「なんとかなるやろっ」程度の構えでしかないのかもしれない。

                    が、通用するはずもないし、自分ひとりで終わらない多大な影響を引き起こしてしまうことになる。

                    「出勤できません・・・」
                    「商品が入荷しません・・・」

                    朝から色んな悲鳴にも似た声が飛び交っていた。

                    自然の天候とはいえ、できうる備えは大変重要であると痛感させられた。

                    " 備えあれば 憂いなし!"  ですね。

                    うっすら雪化粧
                    0

                      病院からみた雪景色

                      ゴロゴロと雷の音とともに、辺りが薄暗くなって雪がしばらく降っていた。

                      日本各地を見ると、例年の2倍以上の積雪を観測している地域もあるようで、今冬は雪が多いと報道されているようだが、こちらではそう目立った積雪もないようである。
                      今日も、薄っすらと屋根や道路が白くなったくらいに見えた。

                      まあ、こうしてインドアに居ると、外の様子にも疎く、寒さなんかにも全く無頓着である。一日ほぼ半袖  で過ごしてるぐらいなので・・・。戻ってからこたえるんだろうね。

                      毎日視覚的な変化が少ない中、不謹慎ではあるが、こうして雪が降ったり積もったりして辺りの景色が変わることは、なんとも刺激的でうれしくなるものである。


                      まあ、もっともこれ以上の積雪は望みませんが。。。

                      病院からみた雪景色

                      冬の味覚です。
                      0

                        丸栄さんのでっちようかん

                        季節によって様々な風物詩や食べ物があります。

                        冬の味覚といえば、温かい食べ物も  そうですが、こたつで食べる みかん  とか。


                        そんな中に、なんといっても地元で昔から愛されてる 「でっちようかん」(みずようかん) がありますね!

                        近所にある”丸栄”さん特製の、甘味控えめ、うまうまスイーツです

                        この冬はじめていただきました。


                        おいしゅうございました。