ひょうすけのさけび
日々の商売や青年部活動を中心に、見るまま、感じるままにつづる我が軌跡!
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    朋遠方より来るあり―
    0

      一献どうぞ

      沢山の人に迷惑をかけながら、多くの負担を背負わせながら、こちらから何の手も差し伸べることもできない情けない状態の中で、私は、与えられ続けている。

      多くの元気とエネルギーを、色んな所から、沢山の人から頂き続けている。

      家族、親友、仲間、ご近所の方、・・・ 

      有難いし、もったいないし、、けれども、それが嬉しく何よりも温かい。

      人とのつながりや絆という、今この国で最も大切に感じる、美しく強き力を、立場を変えた今こうして感じることができる幸せを噛みしめ、決して忘れずに心に刻もうと思う。


      また、普段へと戻り、美味しいお酒を、そんな素晴らしい人と改めて酌み交わしてみたい。
      「敬天愛人」の教え
      0

        稲盛和夫著「敬天愛人」

        稲盛氏の立ち上げ以来ブレすに一貫して通してこられた、理念、信念が凝縮された、背筋が通る書であった。社会の公器としての会社の存在意義を明確にし、従業員の幸せを、人の心を最優先とするステイトメントには、一点の曇りもなく、爽快さすらを感じさせてくれた。

        自分の自社の経営に対するブレない普遍的な理念、使命、存在理由、どのように社会に貢献するかを言語化することは、何も大企業だけが行うことではなく、むしろ、小規模な企業だからこそより必要になってくると強く感じる。どこかで迷った時に、それさえ唱えれば迷わず道しるべになるような羅針盤ともいえよう。

        今のこの時間を用い、改めて今の自分なりにたたき台を熟考、作成してみた。

        小さいながらも一経営者として、自分の価値観、ビジョン、求める人生観や方向性を言霊として宿してみた。

        経営(商売)を通して、自分には一体何ができるのだろうか?

        「「 この世に生得るは 事を成すにあり 」」

        個人、法人、何事かを成さずには終われない!!

        ハッピーウェディング!!
        0
           結婚披露宴同級生の結婚式に参加をしました。

          私らも結構いい年になってきたので、
          たいがい片付いていて、
          結婚式といっても久しぶり!

          何故か、少々緊張も・・

          自分の時のことが時折フィードバックする中、粛々と神前での結婚式が執り行われ、披露宴へと。

          同級生ということで、数人で余興をすることになってまして・・・、

          ただ、打合せは行きの車の中で少々、紙資料1枚のかなりヤッツケ・・・。

          そうこうしていると、新婦さん側の友人の余興がスタート!

          なにやらゾロゾロ正装した男女が入場してきて、アカペラで歌を

          結婚披露宴2コーラスの仲間らしく、清潔でかつ心に届く素晴らしい余興を披露!!

          自分たちの余興とはえらい違い・・・、テーブルに気まず〜い雰囲気・・・

          しかし、そこは披露宴!どんどん飲む  ことで気分もハイ

          結果、我々のヤッツケ余興は、下ネタをふんだんに盛り込んだ低俗な内容にもかかわらず、会場の酔いにも助けられ無事に成功!!

          お役目も終わり、ゆっくりと感動的なフィナーレを満喫し、新郎を胴上げして終わりました。


          久しぶりに出席しましたが、新郎新婦の常とは違う、何ともいえない笑顔が印象的で、親戚縁者が笑顔と涙で包まれるこの雰囲気に、改めて感動を覚えた一日でした。

          おめでとう!!
          酒+友=素なやる気!
          0
            幼なじみと久しぶりにお酒を酌み交わした。

            彼とは、小学校から高校まで同じで、卒業後もそれぞれの進む道は違えど、悩みをぶつけ合った、もがいた時期が同じであった、私にとってまさに"戦友"。

            こいつと飲むと、無性に熱くなるんです!

            メラメラしてくるんです

            自分が好きになるんです。

            続きを読む >>